2011年06月10日

3か月

明日で
震災から3か月。
支援について、再掲します。



◆義援金
++ 日本赤十字
http://www.jrc.or.jp/contribution/l3/Vcms3_00002069.html

++ Yahoo!
http://bokin.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html

++ 宮城県
http://www.pref.miyagi.jp/kihu.htm#3

++ 岩手県
http://sv032.office.pref.iwate.jp/~bousai/
左側の「防災トピックス」内の「被災者を支援する」

++ 青森県
http://www.pref.aomori.lg.jp/koho/disaster_kyuen.html

++ 福島県
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet?

DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=23682

++ 茨城県
http://www.pref.ibaraki.jp/important2/20110311eq/20110318_13/


++ 千葉県
http://www.pref.chiba.lg.jp/bousai/20110318gien.html


◆ペット

財)日本動物愛護協会での義援金
http://www.jpc.or.jp/saigai/


***
中越地震の際、ペットと避難できるかどうか についてマスコミで話題になり、
そのとき、
杉並区ではペット同行避難を推奨していると知りました。
理由はいくつかあったけど、印象に残ったのは
「一時的避難と思っていても、もう帰れない場合がある。それに備えて、ペット同行を基本とした」とあったこと。

このとき、私の住む地域ではどうなのか? と思い
区役所にメールで問い合わせました(HP内を探しても、見つからなかった)。
すぐお返事があり、その後数回、丁寧なメールをいただきました。

お返事をまとめると
「検討を始めたところ。この地域はペット率が高いので、重要な問題ととらえている。
震災時に、ペットの救護施設や一時預かり施設をすぐに立ち上げられるよう、
獣医師会とも相談している」
とのことでした。

今回の震災で、このやり取りを思い出し、市のHPを見てみると。。。
「災害時のペット対策」なるものができていました。
横浜市
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/hokenjo/genre/doubutsu/saigaiji.html

このガイドラインが誰あてに書かれているのか、イマイチわかりませんでしたが
(飼い主がするべきこと備蓄すべきもの、にも触れられているけど、避難所での対応って、結局誰がするのか??わからん。。。)
いろいろ備蓄はしてくれている様子。
各動物病院にも備蓄品を配布しているとのことで
避難所で断られた場合
病院に行ってみるか、
5か所設けられることになっている救援センターに行けばよさそう
ということはわかりました。

ガイドラインは印刷して避難リュックに格納。
このプリントを使わず済むよう、祈っています。。。

動物とともに暮らしているみなさま、
救援センターが立ち上がる場所など、一応、調べておいたほうがよさそうです。
posted by appi at 01:00| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も今回の震災で犬達の事をいろいろと考えました。
もしもヤックルのいない時に子供と犬とどうやって避難するかとか。

阪神大震災の時は、あまりペットの問題は取り上げられなかった気がするし
あの時と今とじゃ自分の状況も変わってるので
私も役所に聞いてみようかと思いました。

大切な情報ありがとうございます。
Posted by Wacco at 2011年06月17日 07:12
◆Waccoちゃん
お役に立てて嬉しいです〜
家が倒壊する可能性は低いかな、と思っているけど、
地震のあとの火事はとても怖いから、
やっぱりよく考えておかなくっちゃね。

コハム嬢、しっかりしたお嬢なので、
いざっていう時、
きっとウェインを守って(レオンさんは、自分の身は自分で守るって雰囲気!)
いろいろお手伝いしてくれるね!
頼もしい味方がいて、うらやましいわー。
Posted by appi at 2011年06月19日 08:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: